« つかの間のマネジメント勉強会 | トップページ | いざ、遠山郷へ »

フランスロハス体験ツアー その3

モントレ・ベレーの町をご案内して頂きました。

その様子をアップいたします。

名所、仏閣、ランドマークではなく、

普通の町の普通の様子を観察します。

0707141

町並みは、とても美しいです。

下の画像は、壁の右上に特徴があります。

0707142

ご存じの方もおられると思いますが、

日時計です。

こういった日時計は各地で見られました。

0707143

0707144

民家の戸井も、日本とは違います。

これは、雨の日、くちばしから、

雨水が出て来ます。

0707145

これは、民家の壁から、

豚の骨が出ているものです。

なんで、こういうものがあるのかは、

現地の方も分からないそうです。

0707146

平均的な住宅というところでしょうか。

ガーデニングは盛んです。

0707147

窓にステンドグラスのあるお宅も、

結構あります。

0707148

見えますでしょうか?

ステンドグラスに描かれているのは、

マッシュルームです。

この地方の特産品の様です。

大きくて、肉厚で、香りもはっきりしています。

これは、カンバンの様です。

0707147_2

右がお医者さんで、

左は、猿の様です。

良く見ると様子は、分かるかもしれませんが、

薬屋さんのカンバンの様です。 

0707149

ガラッと、変わってこちらは、

病院の跡の様です。

地面から貝殻の化石が出て来ています。

ここが、その昔、海底で有ったことを示しているようです。

0707150

今は、修理をしていますが、

数年後には、博物館などになって

また、利用される様です。

修繕に何年もかかるとは、

誠にロハスなお国柄を表しています。

0707151_1

|

« つかの間のマネジメント勉強会 | トップページ | いざ、遠山郷へ »

「イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つかの間のマネジメント勉強会 | トップページ | いざ、遠山郷へ »